情報


会社案内
会社の場所
造り手のひとこと


酒造りの工程
新美家の粕漬け
酒蔵写真館


商品のご案内
買える店・飲める店
商品の購入方法
杉玉(すぎだま)について



杉玉

 皆さんは実際にこの玉を見たことはありますか?

 昔の日本酒は、杉の木で出来た桶で仕込んでいたことにより、杉の葉を使って杉玉を作るようになりました。
杉玉とは杉の葉(穂先)を集めてボール状にした造形物のこと。酒林(さかばやし)とも呼ばれています。日本酒メーカーの軒先に緑の杉玉を吊るすことで、新酒が出来たことを知らせる役割をしています。つまり「搾り始めました」という意味です。
吊るされたばかりの杉玉は蒼々としていますが、やがて枯れて茶色がかってきます。この色の変化が皆様に新酒の熟成具合を物語っているのです。
今日では、酒屋の看板のように受け取られがちですが、元来は酒の神様に感謝を捧げるものであったとされています。